top of page
検索

四季のある日本に 生まれたよろこび

清愛KIMONOでは、日本の伝統衣装である着物の生地で、「しあわせのふく」を提供しています。


「しあわせ」とは、人と人とのつながり。




「服を着る」ということは、生きていくために欠かせない生活の一部です。


着物の柄をよく見てみると、四季の草花やモチーフが散りばめられています。

人々は昔、着物の素材だけでなく、色や柄を変え、日本の四季とともに暮らしてきました。


人と人、人と自然とが結びつき

生き生きと、こころがおどる「しあわせのふく」


清愛KIMONOのInstagramのアカウントでは、しあわせのふくの写真とともに、日本の四季を味わう言葉を添えさせていただいています。


自然の流れによりそい、季節の移ろいを感じていただければ幸いです。





Commentaires


bottom of page