top of page
検索

未来へ紡がれる おばあさまの羽織

「しあわせのふく」は着物だけでなく、羽織からも生まれます。

羽織をほどきますと、着物と同じだけの丈になります。


おばあさまの羽織から紡がれるものがたり。


お孫さんとひ孫さんのお揃いのスカートに生まれ変わりました。



−お孫さんのお話より−


子どもの頃、おばあちゃんと一緒に遊園地へ行った写真が出てきました。

その時、おばあちゃんが着ていたのがこの羽織です。


当時良くこの羽織を着て出かけていたのか

汚れているところもありましたが

おばあちゃんが付けたものなので氣になりません。




「しあわせのふく」として生まれ変わり

おばあさまが大切にしていた羽織を

娘さまとお揃いで着られることが

とても嬉しくしあわせなことだと

お話ししてくださいました。



汚れも愛おしく感じることができる

ご家族が大切にしてこられた着物。


着物をほどいて縫い合わせると

一枚の長い反物へ戻ります。


昔に生きた人たちは

何度も解いては、ご家族の身丈に合わせて仕立て直し

親から子へ、子から孫へと着物を受け継いで来られました。


着物の生地の素材によっては

何十年、何百年と受け継いでいくことができる丈夫なものもございます。


「しあわせのふく」は

ご家族とのつながりと

ものを大切にする日本の素晴らしい伝統を

未来へ紡いでいきます。



清愛KIMONOでは

親子スカートやパンツ、アロハシャツなどのオーダーを承っております。


お氣軽にご相談ください。





Comentários


bottom of page